Azure Active Directory Sync

オンプレミスのActive Directory と Azure Active Directory の連携にはかかせない「DirSync」の後継が登場しましたね。
アイコンのデザインも変更されています。
アイコン

Dirsync の時は、お客様にお話しても「シングルフォレストのみ」というところがネックになっておりました。
Azure Active Directory Sync ではフォレストの追加ができるようになっています。

forestAdd

そして、同期の間隔についてもタスクスケジューラーから設定が可能です。
task

現状で確認されている変更点は以下の通りです。

•Active DirectoryとExchangeの複数フォレスト環境の、クラウドへの拡張
•希望のクラウド サービスを基にした、どの属性を同期するかの制御
•ドメイン、OUなどを介した同期するアカウントの選択
•最小限のWindows Server ADの権限で、ADへの接続を設定する機能
•属性のマッピングと、値のクラウドへの流れ方の制御による、同期ルールの設定
•AAD Premium(有償版)での、パスワード 変更/リセットのオンプレミスADへの反映 (プレビュー)

まだまだこれからも機能が追加されるようです。

詳細はこちらを確認してください

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中